ここがポイント!名刺作成で気を付けたい事とは

企業に所属している人でも、個人事業の人でも扱うことが多い名刺。名刺は人それぞれ内容が違うものですし、できれば凝ったデザインにしたいと考える人も多いのではないでしょうか。しかし、名刺作成は凝りすぎず、大切なポイントを押さえながら作成するほうが効率的です。

誰なのか分かりやすい名刺を作りましょう

名刺は、まず自分が誰なのかを説明するために使われます。企業に所属している場合で言うと「○○会社の○○と申します」と相手に渡すことになりますよね。しかし、その名刺が誰から受け取ったのか分からなくなる時があります。名刺作成で気を付けたい事の一つは、そこにあります。
特に気を付けておきたいのが、自分の名前に読みづらい漢字が入っている場合。こういう場合には振り仮名があると分かりやすくなります。せっかく名刺を渡しても名前を間違えたまま覚えられてしまうと、連絡しあう時に混乱してしまう可能性もありますね。逆に名前に難しい漢字が無い場合などは振り仮名を書かないほうが読みやすい場合もあるため、どちらが良いか考えてみましょう。知人や同僚などに見てもらい意見を貰うと効率的です。

名刺の連絡先は、相手が連絡しやすいように

名刺を渡す理由の一つとして、お互いの連絡先を伝え合うという理由があります。基本的に名刺には携帯番号やメールアドレスなどが記載されており、どこへ連絡すれば相手と出会えるのか分かるようになっています。そのため、この部分も名刺作成のポイントとなります。
一言で連絡先といっても色々な種類があります。電話番号、メールアドレス、ホームページに所属団体など。しかし名刺には大きさがあり、それ全てを書き込もうとすると文字だらけになり分かりづらい名刺になってしまいます。なので、名刺に書き込む連絡先は必要な物だけにしておきましょう。一例として企業に所属しているのならば所属企業とメールアドレスを、個人事業主だとホームページと電話番号など使い分ける事が考えられます。自分にとってどの連絡方法が大切なのかを考えてみましょう。

シンプルに。名刺は分かりやすさが重要です

名刺に書き込む内容にもポイントはありますが、名刺そのものにもポイントが存在しています。具体的に言えば大きさと形です。
名刺作成に大きさなどのルールは存在しておらず、様々な名詞が存在しています。例えばイベントなどで配布する物だとキャラクターの形に作られた物もあります。プライベートで友人などに渡す名刺ならば、こういった名刺を作るのも楽しいでしょう。
しかしビジネス用に名刺作成をするのならば、こういった形にするのは避けたいものです。取引先の相手に渡したとき、その相手の名刺入れに入らず迷惑をかえてしまう可能性もあるからです。ビジネス用の名詞は、基本的な長方形の物にするほうが無難でしょう。
いかがでしょうか。名刺は目的に合わせて内容が変わる物なので、どのような名刺が必要なのかじっくり考えてみる必要があります。まずはシンプルに作ってみて、そのうえで足りない部分を足していくと良い名刺になります。